後悔しない”西国三十三所の御朱印帳選び”9つのポイント

巡子
西国三十三所を巡りたいんだけど、御朱印帳はどこで買うの?何を基準に選べばいいの?とかわかならいことばっかり・・・
観音さま
確かに御朱印帳についての情報ってあまりないよねぇ。後悔しない御朱印帳選びのポイントを伝えるね~

そもそも御朱印・御朱印帳とは?

chinjuhikawa-gosyuin010
御朱印(ごしゅいん)とは、一言でいうと、神社やお寺を参拝すると頂ける「参拝証明」のようなもの。御朱印には参拝した日付、神社仏閣の名称、お寺でまつられている仏さまの名称などが墨書きされています。
実は御朱印の原点とも言われているのが”日本で一番古い巡礼”西国三十三所巡り

engyouji019
当時の御朱印は「写経=お経を書き写す修行」を行い、お寺に納めた証明として「朱印」を頂くものでした。なので西国三十三所では今でも御朱印を「納経印」、御朱印帳を「納経帳」といいます。

補足
このサイトでは初心者の方がより馴染みのある「御朱印」&「御朱印帳」という名称で統一します。

saikoku33gosyuincho014
御朱印を頂くための専用の台紙になるのが御朱印帳。御朱印帳(納経帳)にはカワイイものから、かっこいいものまで様々なデザインがあり、西国三十三所専用の御朱印帳も販売されています。

巡子
そもそも西国三十三所専用の御朱印帳じゃなきゃダメなの?
観音さま
そんな事ないわよ。専用じゃなくても御朱印は頂けるよ。ただ、全部巡るつもりなら専用の御朱印帳だと色々とメリットもあるよ。
専用の御朱印帳のメリット
・最初から1番から33番まで印字されている
先達申請の際に便利
・満願した御朱印帳は「極楽浄土へのパスポート」に。
などなど

kiyomizudera-gosyuin002
西国三十三所の専用御朱印帳には、あらかじめ各お寺の情報(ご本尊、ご詠歌、お経など)が書かれているケースが多いです。これらの情報は、お参りの際にも役立ちます。

御朱印を頂き方と頂く際のマナー

札所で御朱印を頂くための7ステップと頂く際のマナーを知る

kiyomizudera-gosyuin001
各お寺で御朱印を頂くページがあらかじめ決まっているので、どこを巡って、どこを巡っていないのかがひと目でわかります。空白を埋めていくのも純粋に楽しいですし、埋めていくのがモチベーションの一つにもなります。

saigoku-sendatsu005
(写真:先達用の御朱印帳)
また、西国三十三所を満願すると「満願印」を押して頂ける&「先達」になることが出来ます(申請料が必要)。その際、「満願した証明として御朱印帳が必要」になりますので、別々の御朱印帳で頂いている場合はその証明が大変です。

満願後の先達専用納経帳(御朱印帳)

西国三十三所を満願(結願)したら、先達に。その後もランクアップ出来る


昔から西国三十三所を満願した御朱印帳は「極楽浄土へのパスポート」「閻魔さんへの手土産」ともいわれ、亡くなった際には棺桶に入れるという信仰もあります。それほど特別な信仰を集めた霊場巡りですし、専用の御朱印帳を用意するデメリットは、購入する為の出費がかさむ?(2000円~4000円前後)ぐらいですね。

西国三十三所とは?

西国三十三所とは?札所一覧と歴史や由来、巡る意味などを解説

御朱印帳は巡礼前に準備しておくのがオススメ

kegonji-gosyuin005
御朱印帳がなくても西国三十三所をめぐること自体は可能です。ただし、御朱印は郵送対応などはしておらず、その場でしか頂けないもの。何箇所か巡ってから「あぁ、御朱印帳準備しておけばよかった」(by管理人の経験談)という後悔は避けたいところ。
どうせ巡礼をするのであれば、記念にもなり、極楽浄土へのパスポートにもなる御朱印帳を巡礼前に準備しておくことをオススメします。

巡子
そっかぁ。で、御朱印帳はどこで買えばいいの?
観音さま
西国三十三所の札所(お寺)か、ネット通販でも買えるよ。その際の選び方について説明するね。

後悔しない「専用の御朱印帳」の選び方は?

saikoku-gosyuincho023
管理人が実際に満願した経験をもとに、専用の御朱印帳を選ぶ際の基準になるようなチェック項目を作ってみました。

御朱印帳の選び方(チェック項目)
✔1.御朱印を頂く4つの手段を知る
✔2.ご詠歌の御朱印を頂くかどうか?
✔3.日本百観音めぐりの予定はある?
✔4.御朱印帳のタイプ(仕様)を決める
✔5.サイズと重さをチェックする
✔6.華厳寺(3種類ある)分のスペースがあるか?
✔7.番外札所分のページがあるかどうか?
✔8.裏写りしないかどうか?
✔9.お礼参りの余白は何ページある?

6~10のチェックポイントに関しては「西国三十三所専用として販売されている御朱印帳」なら大丈夫かと思いますが、念の為入れています。

御朱印を頂く4つの手段を知る

西国三十三所では「主に4つの場所(帳面)」に御朱印を頂けます。

御朱印を頂く場所
1.御朱印帳(納経帳)
2.掛け軸
3.笈摺・白衣
4.曼荼羅

御朱印帳に頂く

rokuhara-gosyuin013
最も一般的な御朱印を頂く手段が「御朱印帳」。各札所で300円で頂けます。

御朱印帳
御朱印帳の相場 2000円~5000円(一般的なものは2000円代)
御朱印代(志納料) 各札所300円
メリット 種類が豊富なのでお気に入りが見つかる
デメリット

掛け軸(納経軸)に頂く

saigoku-sange003
専用の「掛け軸(納経軸)」に頂く御朱印も人気です。御朱印がズラーッと並ぶ様は圧巻ですね。部屋に飾っておけば、いつでも西国巡礼の旅を思い出せ、気持ちも引き締まります(御朱印代500円)

掛け軸(納経軸)
御朱印帳の相場 数千円~20000円代
御朱印代(志納料) 各札所500円
メリット 満願後に部屋に飾れ、いつでも巡礼を思い出せる
デメリット 住宅事情によって飾る場所が限られる

朱印用の白衣(びゃくえ)に頂く

rokuhara-gosyuin026
笈摺(おいずる)・白衣(びゃくえ)に頂くことも可能(御朱印代200円)。自分や身内の方が亡くなった時に着せると極楽浄土へ行けるという信仰があります。

御朱印用白衣
朱印用のものが市販されているので、そちらを準備します

 

朱印用の白衣
白衣の相場 3000円~5000円代
御朱印代(志納料) 各札所200円
特徴 自分や身内の方が亡くなった時に着せると極楽浄土の行けるという信仰

西国観音曼荼羅の御朱印

mandara-gosyuin01
「掛け軸に変わる新しい形」としてリリースされたのが「西国観音曼荼羅まんだらです。札所ごとに色分けされた八角形の台紙に頂ける御朱印で、専用の台紙に張って集めることで飾れるようになっています。「通常の御朱印」と「ご詠歌の御朱印」を選べます。

mandara-gosyuingaku
完成イメージはこんな感じ↑これなら現代の住宅事情でも飾れそうですね。

mandara-gosyuin05
西国観音曼荼羅の御朱印だけで満願した場合も、先達の資格を得れます。つまり曼荼羅で御朱印を頂くのであれば、他の専用の御朱印帳を買う必要はありません。ただし、注意点もあります。

mandara-gosyuin01

注意
1.西国観音曼荼羅セット(33枚+専用の台紙・3000円)を購入できる札所が限られている(2020年時点)
2.御朱印に日付が入らない
3.飾る場合、額を別途購入する必要がある(16000円)

西国三十三所は順番に巡らなくちゃいけないルールはありません。ただ、もし番号通りに巡礼したい場合、現時点では青岸渡寺(1番)では扱っていないようなので注意が必要です。
(状況が変わっている可能性がありますので、最新の情報は公式サイトなどでご確認ください)

西国観音曼荼羅(まんだら)
白衣の相場 西国観音曼荼羅セット(3000円)※飾る用の額は別売り
御朱印代(志納料) 各札所500円
サイズ 専用の台紙サイズ縦80cm×横77cm(紙に張る順番は自由)
メリット 満願後に額にいれて飾れる
御朱印帳を持ち歩く必要がないので身軽
・通常の御朱印(太字)とご詠歌の御朱印を選べる
デメリット ・飾る場合、額を別途購入する必要がある(16000円)
御朱印には日付が入らない
・西国観音曼荼羅のセットは購入出来る場所が限られている

一度に複数の御朱印を頂いてもいいの?

mandara-gosyuin02
西国三十三所めぐりをする際に、上記4種類のどの方法で御朱印を頂くのか決めておきましょう。
例えば半分ほど巡ってから「やっぱり掛け軸にも御朱印を頂きたい」と思っても、総距離約1000kmはあるという西国三十三所を巡り直すのはけっこう大変ですね^^
もちろん関西圏にお住まいで気軽に行ける方なら1巡目は御朱印帳に、2巡目は掛け軸にという方法も良いですね!

巡子
私は気軽に何度も行けないんだけど、一度に複数の御朱印をお願いしても大丈夫なの?例えば御朱印帳と掛け軸とか・・
観音さま
大丈夫だよん。ただし、書き手さんが一人の場合や、混雑してる場合などは並び直すなど、周りへの配慮も必要ね

ご詠歌の御朱印を頂くかどうか?

清水寺(京都)の御詠歌の御朱印
西国三十三所では通常の御朱印(札所ご本尊)とともに、西国三十三所のご詠歌の御朱印も頂けます。もし両方の御朱印を頂きたい場合は「通常の御朱印用」と「ご詠歌用」の2冊準備してもいいですね。

観音さま
夫婦で巡って旦那さんが通常の御朱印、奥さんが御詠歌とそれぞれ頂いている巡礼者さんもいるよね。

saikoku-gosyuincho011
もしくは「御朱印帳に通常の御朱印」&「西国観音曼荼羅にご詠歌の御朱印」という組み合わせもありです。
何度も巡れそうな人は、一巡目に通常の御朱印、二巡目に「先達専用の御朱印帳」でご詠歌を頂く方もいます。

西国三十三所のご詠歌の御朱印まとめ

【西国三十三所】ご詠歌の御朱印一覧|ご詠歌とは?意味は?

ポイント
・ご詠歌の御朱印を頂くか決める
・通常の御朱印のみなら1冊、ご詠歌も頂くなら2冊必要
・ご詠歌の御朱印は「西国観音曼荼羅」に頂くことも可能

百観音霊場めぐりをするかどうか?

kawasakidaishi-100001
日本百観音とは「西国三十三所」と、西国の「写し霊場」とされる坂東三十三所と秩父三十四霊場をあわせた総称。

百観音とは?
・西国三十三観音霊場
坂東三十三観音霊場
・秩父三十四観音霊場

「33(西国)+33(坂東)+34(秩父)=100」になることから日本100観音と呼ばれています。


日本百観音霊場とは?

百観音霊場とは?西国三十三所の満願後にオススメの巡礼


今、このサイトを見てくれている方は「これから西国三十三所をめぐる」という人が多いと思いますが、もし現時点で百観音を巡る!」と決めていて、御朱印帳を一つにまとめたいなら、百観音巡礼用の納経帳(御朱印帳)、納経軸を検討してみても良いかも知れません。

西国、坂東、秩父それぞれの御朱印帳で巡っても問題ないので、百観音霊場を一つにまとめたい方向け。

ポイント
・百観音めぐりの予定もあるなら、百観音専用御朱印帳(掛け軸)も選択肢の一つ。
日本百観音霊場とは?

百観音霊場とは?西国三十三所の満願後にオススメの巡礼

御朱印帳のタイプ(蛇腹・紐綴じ・ノートなど)を決める

御朱印帳には様々なタイプ(仕様)があります。

主な御朱印帳の仕様
・蛇腹(アコーディオン)タイプ
・紐綴じタイプ
・ノートタイプ
それぞれメリット・デメリットがあり、どれが良いというのはないですね。

saikoku33gosyuincho002
一般的なのは蛇腹式(アコーディオンタイプとも)です。

saikoku-gosyuincho015
紐(バインダー)タイプは、◯◯霊場巡り専用の御朱印帳に多いタイプ。このタイプのメリットは、特定のページだけ取り外せること。

その日行く場所が決まっているなら、そのページだけ持ち歩いて(汚れたり、折れないようにクリアファイルなどに入れて)、納経所(御朱印所)でお渡しすれば御朱印を書いて頂けます。

saikoku-gosyuincho013
御朱印帳をまるごと1冊持ち歩く必要はありませんし、荷物をかなり軽減できます。

ポイント
・御朱印帳のタイプ(仕様)を決める

御朱印帳のサイズ、重さをチェックする

saigoku-gosyuincho007
写真左から)
・一般的な御朱印帳(横11cm×縦16cm)
・大判の御朱印帳(横12cm×縦18cm)
・西国三十三所専用の御朱印帳
・西国三十三所専用の御朱印帳
上記以外に、B5サイズ(横18cm×縦18cm)も多いです。
西国三十三所専用の御朱印帳は、通常の御朱印帳よりも大きいサイズ(分厚い)のものがほとんどです。

saigoku-gosyuincho002

上)一般的な御朱印帳サイズの「横11cm×縦16cm」
下)西国三十三所専用の御朱印帳
車で巡る場合でも、巡礼中はそれなりに歩きます。可能な限り荷物は少なめ(軽め)にしたいところ。電車・バスなどを中心に巡るなら、常に持ち歩く必要のある「御朱印帳のサイズ・重さ」は、結構重要なポイントになります。

あとは「巡礼で使う予定のバッグや御朱印帳袋に入るサイズか」など、あらかじめサイズ感もチェックしておくことをオススメします。

ポイント
・御朱印帳のサイズ感をチェックする
・どのように巡るか(車、電車、徒歩)でも選択肢は変わる

華厳寺は3箇所分のスペースがあるか

saigoku-gosyuincho006
華厳寺(33番)には、「過去、現在、未来」を表す三種類の御朱印があり、3つで1セット(900円)です。

華厳寺の御朱印
・本堂(現在)
・満願堂(過去)
・笈摺堂(未来)

西国三十三所専用の御朱印帳であれば、ほぼ問題ないと思いますが、念の為「華厳寺は3箇所分のスペースがあるか?」をチェックしておいて損はないです。

番外札所分のページがあるかどうかをチェック

saigoku-gosyuincho004
西国三十三所には、番外札所と呼ばれる「聖地」があります。
“絶対に巡らなければならない”というルールはありませんが、三十三所とともに巡るのが古くからの習わしと言われています。

西国三十三所専用の御朱印帳であれば、番外札所(3ヶ所)のスペースがあらかじめ用意されているものが多いですが、念の為、番外札所分のスペースがあるかどうか?もチェックしておくことをオススメします。

お礼参り用のページの有無をチェック

saigoku-gosyuincho004
西国三十三所には古くからの慣習によって、「お礼参りの定番」として挙げられるお寺があります。

西国三十三所専用の御朱印帳などに記載されるお寺
善光寺(長野県)
比叡山 延暦寺(根本中堂)京都・滋賀県
東大寺 二月堂(奈良県)
高野山 奥の院
四天王寺(大阪府)
などなど
※お礼参りに特定のお寺はありません。

saigoku-omairi001
お礼参りは番外札所同様、「行かなければならない」というものではありませんが、専用御朱印帳には、あらかじめ上記のお寺のスペースが印刷されているタイプ(善光寺など)と、白紙だけ用意してあるタイプがあります。

zenkoji-gosyuin010
お礼参りに行くなら「どのお寺が入っているか」「余白のページは何ページあるか」などをチェックしておくことをオススメします。

zenkoji-gosyuin044
やっぱり「西国三十三所の満願のお礼参り」として参拝するのであれば、西国三十三所の御朱印帳にまとめた方が気持ちいいですもんね。

裏写りしないかどうか

saikoku33gosyuincho013
御朱印帳選びで気になるのは「裏写り」するかしないか。お寺の御朱印は墨をたっぷり使った豪快な御朱印が多いので、裏写りするかしないかも選ぶ際のポイント。
御朱印帳の値段は、裏写りしない紙質がどうかも関係します。安さだけを重視してしまうと、裏写りがスゴイなんてことになりかねません。

saikoku33gosyuincho002
管理人が使っていた御朱印帳は厚みのある紙を使っていたので、両面に御朱印を頂きましたが、裏写りは全く有りませんでした。
個人的には多少値段が高くてもしっかりした御朱印帳を選ぶことをオススメします。

補足
、裏写りをあまり気にしないなら、安さ追求でもOKだと思います。この辺りは何を重視するかですね。

西国三十三所専用の御朱印帳はどこで買うか決める

okadera-gosyuin001
西国三十三所専用の御朱印帳は、様々なデザインのものが販売されています。

巡子
専用の御朱印帳はどこで買えばいいの?
観音さま
ほとんどの西国三十三所のお寺にあるし、ネット通販でも西国三十三専用の御朱印帳を扱っているわよん。

imakumanokannonji-koyo055
「西国三十三所専用の御朱印帳」は、西国三十三所のお寺の”ほぼ”全てのお寺で販売されています。ただし、決して品揃えは多くはないんですよねぇ・・。専用の御朱印帳を扱っていても1種類のみという場合もあります。

kimiidera-gosyuin020
実際に手にとって決めたくても、

「行く予定のお寺(札所)にお目当ての御朱印帳があるか」
という情報は、現時点では公式サイト、各札所のサイトには掲載されていませんので、現地に行くか、電話で確認するしかありません。

補足
御朱印帳のデザインにこだわりはあまりなく、「御朱印さえいただければ良い」という方はまずは最寄りの札所に行ってみることをオススメします。青岸渡寺(1番)は、1番だけあって品揃え豊富でした。
西国三十三所の各お寺で御朱印帳を購入するメリット・デメリット
メリット ・手にとってサイズ感や紙の質感を確認できる
・気に入った御朱印帳が見つかった場合、その日から使える
デメリット ・お気に入りの御朱印帳が見つからない場合もある
・実際の使用感は使ってみないとわからない

巡子
最初のお寺でお気に入りの御朱印帳が見つからなかったらどうしよ・・・
観音さま
お気に入りの御朱印帳にこだわるなら、種類が豊富なネット通販がオススメ。探せばお気に入りが見つかるはずよん。
ネット通販で御朱印帳を購入するメリット・デメリット
メリット ・デザインを選び放題。ほぼ確実にお気に入りを見つけられる
・実際に使った人の口コミを参考にできる
デメリット ・手にとってサイズ感や紙の質感を確認できない
・商品が到着するまでに時間がかかる

「種類の豊富さ」なら、ネット通販が圧倒的です。
ただし、ネット通販のデメリットは「イメージと違った」ということがあり得ること。各ショップの説明文をしっかり読んで、不明点は確認(質問)しておけば防げます。管理人は、出発前に西国巡礼グッズをすべてネット通販で揃えました。

御朱印帳を実際に使ってみた感想
saikoku-gosyuincho027
ネット通販で購入可能な御朱印帳のまとめについては↓にまとめました。
御朱印を頂き方と頂く際のマナー

ネットで購入できる西国三十三所の御朱印帳(納経帳)|御朱印帳はどこで買う?

まとめ

御朱印帳の選び方(チェック項目)
✔1.御朱印を「どこに頂くか」を決める
✔2.ご詠歌の御朱印を頂くかどうか?
✔3.日本百観音めぐりに行くかどうか?
✔4.御朱印帳のタイプ(仕様)を決める
✔5.サイズと重さをチェックする
✔6.華厳寺(3種類ある)分のスペースがあるか?
✔7.番外札所分のページがあるかどうか?
✔8.裏写りしないかどうか?
✔9.お礼参りの余白は何ページある?
この記事が少しでも、これから西国三十三所を巡る方の参考になれば幸いです。

西国三十三所の御朱印&御朱印帳

西国三十三所各札所オリジナルの御朱印帳

西国三十三所 各札所のオリジナル御朱印帳まとめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です