仏像(仏さま)のランクを知ると、西国三十三所が更に楽しくなる!

仏像の4ランク

仏像のランクを知ることで、観音さまもよくわかる!

仏さまはおおまかには4つのランクに分けられる

仏の4ランク
・如来(悟りをひらいた状態)
・菩薩(悟りを開く修行中)
・明王(怖い顔をして仏教へ導く)
・天部(インドの神様)

如来(悟りをひらいた状態)

如来データ
主な如来 ・釈迦如来、阿弥陀如来、薬師如来、大日如来など
如来とは 仏界の最高ランク。会社でいうと役員クラス。
・すでに悟りを開いた状態
・仏像はお釈迦様(仏教を開いた人)が悟りを開いた状態をイメージして造られる
仏像の特徴 ・髪がパンチパーマ(螺髪らほつ)
・服装はシンプル。アクセサリーをつけていない
・例外的に大日如来は、冠やアクセサリーをつけている
・如来は見た目が似ているので、手の形や持っているものに注目する。
札所で会える如来 圓教寺(27番)大講堂 「釈迦如来(重要文化財)」
松尾寺(29番) 「阿弥陀如来(重要文化財)」
醍醐寺(11番) 霊宝館「薬師如来(国宝)」
石山寺(13番) 多宝塔 「大日如来(重要文化財・秘仏)」 など

matsunoodera016
松尾寺(29番)阿弥陀如来(鎌倉時代・重要文化財)は、鎌倉時代の天才仏師として名高い快慶作。春と秋の宝物館にて拝観可能(展示内容変更あり)です。


醍醐寺 西国49薬師 金紙特別朱印
醍醐寺(11番)の薬師如来は国宝。霊宝館にて拝観可能。


菩薩(悟りを開く修行中)

菩薩データ
主な菩薩 観音菩薩、地蔵菩薩、文殊菩薩、弥勒菩薩、勢至菩薩、普賢菩薩、日光・月光菩薩
菩薩とは
将来、如来となることが約束されている出世コース筆頭の仏様。
ただし、今はまだ役員目指して修行中。会社でいうと管理職。
釈迦がインドの貴族だった頃(悟りを開く前)の姿がモデルとされています。
仏像の特徴
・きらびやかアクセサリーをつけている。
・髪を伸ばし、結んでいる
札所で会える菩薩 ・西国三十三所の全札所 「観音菩薩」
六波羅蜜寺(17番) 「地蔵菩薩(重要文化財)」
興福寺(9番)東金堂 「文殊菩薩(国宝)」
興福寺(9番)北円堂 「弥勒菩薩(国宝)」

観音菩薩

fujiidera-gosyuin013
西国三十三所は「観音菩薩(観音)」をまつるお寺を巡る旅。すべてのお寺で観音菩薩がまつられています。ただし、秘仏も多く常に拝観できる訳ではありません。

西国三十三所 国宝の観音菩薩
葛井寺(5番) 千手観音坐像(国宝)※毎月18日ご開帳
六波羅蜜寺(17番) 十一面観音立像(国宝)※辰年(12年に一度)

西国三十三所で会える六観音を解説!ご開帳スケジュールも。

地蔵菩薩

六波羅蜜寺「運慶」作の地蔵菩薩坐像(重要文化財)
六波羅蜜寺 地蔵菩薩立像rokuhara-gosyuin001 - コピー
左は六波羅蜜寺(17番)の地蔵菩薩坐像(重要文化財)で、カリスマ仏師「運慶」作。右は、“髪の毛”を持っている”鬘掛(かつらかけ)地蔵”(平安時代・重要文化財)。どちらも宝物館で拝観できます。

明王 (如来、菩薩につぐランク)

 

明王データ
主な明王 五大明王(不動明王、大威徳明王、降三世明王、軍荼利明王)、愛染明王、孔雀明王など
明王とは
会社でいうと中間管理職。
明王は一般的に怖い顔をして、教えに従わない人を叱り、諭す立ち位置。
仏像の特徴
・大日如来(如来ランク)の化身
・欲望にとらわれる人を、怖い顔をして仏教に導く
・乗り物に乗って、武器を持っている
・孔雀明王は「怖い顔」じゃない
札所で会える明王
三井寺(14番) 黄不動(国宝&重文)※秘仏・特別公開のみ
醍醐寺(11番) 木造五大明王像(重文)
三井寺(14番) 木造愛染明王坐像(観音堂安置)(重文)
中山寺(24番)の五大明王

不動明王


西国三十三所11番 醍醐寺の不動明王

izumoasaka-gosyuin01013
miidera-gosyuin033
西国三十三所の五大明王
【左】毎年2月23日に行われる醍醐寺(11番)最大の行事「五大力さん」。五大力=五大明王のこと。五大明王(重要文化財)は霊宝館にて拝めます。

【右】三井寺(14番)黄不動尊は日本三不動のひとつ(国宝・秘仏)。かっこよすぎるので、クリアファイルを購入^^

日本三不動
黄不動(三井寺)
青不動(京都 青蓮院)
・赤不動(高野山 明王院)

愛染明王

miidera002
三井寺(14番) 観音堂のご本尊の脇に安置されている愛染明王(重要文化財)
こんな怖い顔をして「縁結び」「夫婦円満」などの願いを聞いてくれます笑

天部 (インドの神様が仏教に取り入れられた)

 

天部データ
主な天部 帝釈天、梵天、弁才天、大黒天、吉祥天、四天王(持国天、増長天、広目天、多聞天・毘沙門天)、阿修羅(八部衆)、金剛力士、鬼子母神、閻魔王、十二神将など。
天部とは
インドの神様(ヒンドゥー教など)が、仏教に取り入れられ「仏」になったグループ。
鎧や武器をまとい他の仏を守る役割。
仏像の特徴
札所で会える天部
・西国三十三所の各札所「金剛力士」
興福寺(9番)国宝館「阿修羅像(国宝)」
興福寺(9番) 東金堂「四天王(国宝)」
松尾寺(29番)「弁才天」※秘仏 60年に1度

阿修羅

nanendo001
9番.興福寺(南円堂)の国宝館には、”仏像界のスーパーアイドル”阿修羅像”(国宝)がいらっしゃいます。阿修羅以外にも、“国宝の仏像の15%が興福寺にある”という仏像ワンダーランド。

四天王(持国天、増長天、広目天、多聞天=毘沙門天)

miidera001
三井寺(14番)の毘沙門天)
四天王のリーダー格で、知名度が最もあるのが「毘沙門天」。単独でまつられる時は「毘沙門天」、四天王としてまつられるときは「多聞天」という名前になります。七福神の一人としても人気。
興福寺(9番)東金堂の「四天王立像」は国宝。南円堂から徒歩すぐです。

金剛力士

その他の仏像(羅漢・高僧・祖師・垂迹神など)

天部データ
主な種類 羅漢、達磨(だるま)、賓頭盧びんずる、高僧、仏教を広めた人(聖徳太子など)
その他の仏像
上記の4つのランクに属していない神様、お釈迦様の弟子(羅漢)、仏教を広めた僧侶なども仏像になっています。
仏像の特徴
・もともと人間なので、頭は一つ・手は二本
札所で会える天部
・西国三十三所の各札所「賓頭盧びんずる
興福寺(9番)東金堂「維摩居士坐像(国宝)」
興福寺(9番) 北円堂「無著・世親(国宝)」
興福寺(9番) 国宝館「十大弟子(国宝)」
六波羅蜜寺(17番) 「空也上人像(重要文化財)」

多くの札所で会える賓頭盧(びんずる)

anaoji008
(写真:21番穴太寺のびんずるさん)
西国三十三所の多くの札所で会える、賓頭盧尊者(びんずるそんじゃ)十六羅漢の筆頭に挙げられるお釈迦様の弟子。親しみを込めて、「びんずるさん」「おびんずるさん」とも呼ばれます。

十六羅漢とは?
釈迦の弟子の中でも、特に優れた16人の弟子のこと。「びんずるさん」はその筆頭に挙げられる。
西国三十三所で会えるびんずる(賓頭盧尊者)さん

西国三十三所でたくさん会える”びんずるさん”とは?

空也上人像

六波羅蜜寺_空也上人像(重要文化財)
六波羅蜜寺(17番)の有名な空也上人くうやしょうにん像(重要文化財)」は宝物館で常時拝観可能。間近でみると案外小さめ。繊細に作り込まれたお姿は感動的。

まとめ

仏像のことを知ると、西国三十三所めぐりがもっと楽しくなる!
秘仏も多いですが、春(GW)や秋の特別拝観で公開されるケースも多いので、要チェック!


巡子
西国三十三所の満願目指してるけど、車の運転苦手な私には大変そう・・。電車やバスも本数少なかったり、駅から歩くお寺も多いし・・。
観音さま
運転が苦手なら、バスツアーという手もあるよ。団体なので行動は制限されるけど、会話や読書しながら目的地に着くので楽チン。巡礼仲間も増えるよ!
巡子
へぇ!GWも夏休みも自粛したし、感染対策を万全にして久々に巡礼したい!
観音さま
今ならGo Toトラベルキャンペーンでかなりお得(地域クーポンと合わせると半額近い値段に・・)。御朱印に特別印が押される1300年記念事業も2022年3月末までに延長。まさに巡るなら今かも。
西国三十三所のバスツアー
御朱印は添乗員さんが代理で頂いてくれる
・西国三十三所早創1300年記念の御朱印帳付
番外札所も参拝
お参りの必需品がついてくる などなどのバスツアーだからこそのメリットも。

1.クラブツーリズムのサイト(下記参照)へ
2.歴史・文化「お参り・巡礼の旅(こころの旅)」をクリック
3.出発地から探す
≪バスツアー/テーマのある旅特集≫クラブツーリズムお勧めツアーこちら!
※Go Toトラベルキャンペーンは2020年10月発~2021年1月31日(宿泊旅行2021年2月1日帰着)までが対象(予定)


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です